Shopin

インドは中国に次ぐ世界第2位の携帯電話メーカーです

2014年の2社の携帯電話メーカーから2019年の268社の携帯電話およびアクセサリーメーカーまで、インドで販売されている携帯電話の95%が国内で生産されており、「Made in India」が注目されています。


実際、外国メディアの報道によると、インドは現在、中国に次いで世界第2位の携帯電話メーカーとなっています。


インドモバイル・エレクトロニクス協会(ICEA)のパンカジ・モヒンドルー会長は、次のように述べています。「過去4年間で、インドは携帯電話とコンポーネントの製造で大きな成功を収めました。上記の電話はすべてインドで生産されています。」


Mosindroは、「国内市場、つまり国内製造業は飽和状態にあり、2025年までにより多くの輸出目標を達成することを目標としています。」と述べました。合計約670,000人がアクセサリーメーカーに雇用されました。


今日、インド人が使用する電話のほとんどは、電子システム設計および製造(ESDM)バリューチェーン全体に金銭的なインセンティブを提供する特別なインセンティブパッケージ(M-SIP)などのプロジェクトのおかげで、インドで作られています。製造および電子機器製造クラスター(EMC)のコスト損失を補うため。


2012年に開始されたM-SIPSは、経済特区以外の電子産業に25%の資本補助金を提供し、SEZの電子産業に20%の資本補助金を提供します。


2012年に開始された電子製造クラスター(EMC)プログラムは、州政府を含む企業がクラスター内に高品質のインフラストラクチャを提供することを奨励しています。この計画では、インドはグリーンフィールドエレクトロニクスマニュファクチャリングクラスタープロジェクトとブラウンフィールドエレクトロニクスマニュファクチャリングクラスタープロジェクトにそれぞれ50%と75%の費用補助金を提供しています。


「Made in India」および「Digital India」プログラムに対する懸念により、ウッタル・プラデーシュ州はここ数年でインドのモバイル製造の新しい中心地になりました。


2018年7月、サムスンはノイダに世界最大の携帯電話工場を建設しました。新施設の目標は、ノイダの携帯電話の生産を年間6800万台から年間1億2000万台に倍増することで、段階的な拡張は2020年までに完了する予定です。


サムスンに加えて、現在インド市場を支配しているほとんどの中国のスマートフォンメーカーであるXiaomi、OPPO、in vivoも、インドで携帯電話を生産しています。 Appleは、バンガロールにあるサプライヤーのWistronの工場でiPhone 7の組み立てを開始しました。


2017年から2018年の携帯電話端末の生産は2億2,500万台に達し、2014年から2015年の生産は6,000万台でした。 2019年の国家電子政策は、ESDMシステム全体で国内の製造と輸出を促進し、2025年までに10億台の携帯電話の生産を含む2025年までに意図した輸出目標を達成するという目標を設定しています。 6億台の携帯電話を輸出。


インドには現在、4億5,000万人以上のスマートフォンユーザーがいます。 ASSOCHAM-PwCが共同で発表した調査によると、2022年までにインドのスマートフォンユーザーの数は8億5900万人に達すると予想されています。


インド携帯電話